ひろふみ先生にきく 家族の健康を守る、住まいの秘訣

羽山広文 監修

まずは寝たきり・介護について知るべし!

  • 介護が必要となる原因

  • 寝たきりについて

  • 介護と医療費

超高齢化社会と言われるいま、介護や寝たきりは身近な問題となっています。
それでは、介護が必要となった原因をご存知ですか?

 

グラフに示すように、

実は、男女共に脳卒中が一番の原因です。特に、男性は女性の2倍以上となっています。

 

寝たきりになった原因
厚生労働省:平成13年国民生活基準調査


次に、寝たきりについてです。
「PPK=ピンピンコロリ」や「健康寿命」という言葉を聞いたことがありますか?。
人が人間らしく生きている期間が「健康寿命」。つまり「寿命」から「健康寿命」を引くと寝たきりの期間となります。一度寝たきりになると、6.9年間その状態が続き、年々増加の傾向が見られます。

 

寝たきりの年数
出典:http://www2u.biglobe.ne.jp/~t_ben/newpage03.html

 

 

これは本人と家族、両方にとって精神的にも、経済的にも大きな負担となります。


介護費と医療費の例

○51歳 男性 脳内出血発症 緊急手術 30日間入院
 医療費合計:1,530,060
 患者負担額(健康保険3割):459,020

○53歳 男性 心筋梗塞 ペースメーカー移植手術 24日間入院
 医療費合計:2,030,030
 患者負担額(健康保険3割):609,010
○65歳男性 脳梗塞発症 半身麻痺 車椅子生活
 通所介護:2回/週、訪問介護:2回/週、訪問看護:1回/週、訪問入浴:1回/週
 サービス利用額:230,560円/月
 自己負担額:23,056円/月(1割負担)
 保険適用外サービス:10,800円/月
 総計自己負担額:33,856円/月

出典:谷康平監修『だれもが気になる介護の値段』新日本保険新聞社 ※転載禁止

 

 

ページトップへ

次ページへ 前ページへ戻る