ひろふみ先生にきく 家族の健康を守る、住まいの秘訣

羽山広文 監修

簡単にできる住まいの事例を伝授

  • 暖房と内窓の設置

  • まとめ

これまでお話ししたように、健康に長生きするためには季節依存性の高い疾病の予防が有効です。住まいの高気密性・高断熱性を高めることで、疾病を予防し健康を支えることができます。

 

ここで、簡単に行えるリフォームを紹介します。

 

◆暖房をみなおそう!

洗面所、トイレなどにパネルヒーターを設置することによって、室温を上げ、居室との温度差を減らすことができます。

◆内窓をつけてみましょう!

暖房でせっかく暖めた室温を逃がしてしまっては、意味がありません。内窓を設置することによって断熱性を高めることが重要なのです。
同時に、結露防止にもなり雑菌の繁殖も抑えられます。

 

 

内窓設置写真
内窓設置温度

 

 

室内環境は、実は健康に大きく影響しています。季節依存の高い疾病や入浴死の危険性は全国どこにでもあるのです。
そして重要なのは、内窓などにより住まいの「断熱性や気密性」を上げ、疾病や溺死の予防をすることです。
住宅と人との密接な関係をよく知って、あなたとあなたの家族の健康を支える住まいを目指しましょう!

健康はお金には換えられません!

 

ページトップへ

次ページへ