塩ビ工業・環境協会

樹脂窓は日本の元気な住宅を応援します 樹脂窓と暮らそう

  • 樹脂窓の性能
  • 窓(外窓)
  • 二重窓(内窓)

ホーム > ユウゾウ先生のよくわかる東大窓リフォームレポート

東京大学窓リフォームのきっかけと内容

東京大学では、建物からのCO2を減らすプロジェクトが進んでいます。
CO2を抑えるには、建物全体の断熱性をアップさせることが必要で、
そのためには窓の断熱改修が効果的なんですよ。

そんなわけで・・・東大では、今の窓はそのままにして、樹脂製内窓を取り付ける
窓のリフォームを実行しました。

※東京大学では、低炭素キャンパスを目指し、社会のモデルケースとして効果を実証するための
プロジェクト(TSCP)を進めています。
TSCP ホームページへ

TOPへ

リフォームはなぜ樹脂製内窓だったのか

内窓を設置する二重窓工法は簡単な施工で、性能も良いからです。
二重窓工法は、間に空気層ができるので断熱性がぐんとアップするんですよ。

窓と窓の間にできた空気層で、断熱性が向上。

TOPへ

東大前総長 小宮山宏氏インタビュー(記事/動画)

TSCP発案者、前東大総長小宮山宏氏へのインタビューを見てみましょう。
東大リフォームはもちろん、低炭素社会・高齢化社会など、さまざまな視点
から見た樹脂窓の役割について学べますよ。

記事を読む
1回目(PDF) 「樹脂製内窓の効果」と「日本住宅の断熱性向上の必要性」
2回目(PDF) 「高齢化社会と樹脂窓」と「小宮山ハウス」
動画を観る
[東京大学のエコリフォーム 樹脂製内窓] Windows Media Playerで再生

TOPへ

樹脂製内窓導入と結果

樹脂製内窓は、既存の窓にもうひとつ室内側に取り付けました。
フロア全体の消費電力量(日積算)は・・・
43.1%削減
温度センサーを使って、サッシ・ガラスの温度を計ったり、
空調機器などにも計測器を使ってチェックしました。
TSCP 検証結果報告資料一覧
建築学会2009 発表資料 「東京大学・本部棟における窓断熱改修の効果検証」
その1 (東京大学工学部・工学系研究科 坂本雄三教授)
その2 (東京大学工学部・工学系研究科 赤嶺嘉彦特任助教)

TOPへ

東大職員の皆さんの感想

内窓の効果について、東大職員の皆さんに感想を聞くと・・・

体感温度について
朝出勤した時、前より部屋が寒くない。ほんわかしている。
夜になっても、部屋が寒くならない。
部屋と部屋を行き来する際、温度差がなくなった
窓を背にしていて、足元が寒かったが、どんなに外が寒くても、
それがなくなった。
暖房機器使用について
エアコンをつける頻度が減った。一日つけずに済むこともある。
自分の席が暖かい。
エアコンの設定温度が低くなった。
樹脂製内窓の内観について
内側に設置された窓ガラスが、思ったより気にならない。
枠が白いので部屋が明るくなった気がする。

TOPへ

最後に

僕のレポートはどうでしたか?
樹脂製内窓は、今こうしている間にもCO2の削減のために貢献している
窓なんですね。最近では東大だけではなく、他の大学にも内窓によるエコ
リフォームが始まっています。一般の家庭にも簡単に取り付けて、
省エネ・エコに貢献できます。

国も減税制度や補助金を設けて、窓のエコリフォーム普及を促進しています。
皆さんも上手に利用して冷暖房費を減らしCO2削減に協力してください。

それではまた、お会いしましょう!

end

ページトップへ戻る