塩ビ工業・環境協会

Jmado News & Topics

2009年12月07日

[ 窓の簡単エコリフォーム ] 二重窓モニター宅で施工

窓の簡単エコリフォーム、二重窓モニターの西村邸で施工が行われました。


新しい窓(内窓)と、枠部材が到着
新しく取り付ける内窓(インナーウインドまどまど)が西村邸に到着。
厚地の養生シートを部屋全体に敷き、畳や床が傷つかないよう、窓と枠部材が運び込まれます。



枠サイズの調整
もともとある窓枠の曲がり具合等に合わせて、サイズの微調整が必要です。素人目ではわからない微妙なサイズ調整ですが、窓の気密性に関わる大切な工程のため、施工スタッフも真剣です。



設置

窓の設置はあっという間に完了します。右枠→左枠→下枠→上枠を取り付け、内窓をはめ込めば終了。窓枠サイズ等の調整さえできれば、設置はスピーディに行われます。
  


建付けの調整

窓と枠の間の隙間をなくし開閉がスムーズにできるかチェック。そして鍵の閉まり具合の調整をして完了です。インナーウインドまどまどは、鍵が2つ付いているため高い防犯性を発揮します。ワンちゃんのお留守番時も安心です。
  


完成!

窓も部屋も見事に明るくなりました。横繁障子タイプの窓に映える繊細な和紙調ガラスは、光の具合によっても違う表情を見せ、やさしく、品格を兼ね添えています。

見る角度によって、窓ガラス全体が薄い緑色に見えることもありますが、それは断熱・遮熱効果をもたらすLow-Eエコガラスの色。断熱効果はもちろんですが、夏は日射を抑える効果も期待できます。




西村さんのコメント:

「写真で見た以上に、実物はもっと綺麗な窓で驚いています。部屋も明るいし、静かになって、寝室にしておくのはもったいないくらいです(笑)」


気になる防音効果は・・?取り付け後の音量測定
二重窓を閉めると明らかに静かになりました。高速道路からの音はほとんど聞こえなくなり、逆に、室内にある時計の音や小さな物音が気になるくらいでした。

騒音計で計測すると、数値でも効果が出ました。
●窓を開け放した状態・・・50~60dB程度
●外窓(もともとあった窓)を閉める・・・45~50dB程度
●二重窓を閉める・・・25~30dB程度
※おおよその計測値です。

ちなみに、25dBは「木の葉のふれあう音」と同程度だといわれています。
※東京都環境局より

二重窓は、防音・遮音性能試験において、室外から入る騒音量を35~40dB下げる
ことが確認されています。(メーカーにもよる)

窓の簡単エコリフォーム後、部屋がポカポカに・・・
現在、室温計測中!
施工後、二重窓を閉めていると室内がポカポカしてきました。
スタッフが数人居たこともありますが、エアコンもつけていないのに室温が26℃まで上がりました。(外気温16.4℃/15:00頃)

これからの季節、二重窓が断熱効果を発揮し、西村邸の寝室を快適にしてくれると思います。現在、温度計を設置して気温変化を計測中。二重窓がある時とない時で、室温がどのように変化するのかホームページ上で報告します。

 

窓の簡単エコリフォームを、よりわかりやすくご紹介する動画も作成中!
西村邸のリフォームを撮影した、「窓の簡単エコリフォーム 二重窓」の紹介映像を作成しています。
施工当日は、撮影スタッフも、施工後の窓を見て「オーッ!明るくて静か!欲しいー」と、感嘆の声をあげていました。

騒音量測定の様子など、動画ならではのわかりやすい資料になると思います。 どうぞお楽しみに!

>>[ 窓の簡単エコリフォーム ] 二重窓モニター宅で調査・採寸

>>二重窓

>>旭硝子株式会社  AGCガラスカンパニー インナーウインドまどまど

Close

Copyright (C) Vinyl Environmental Council All Rights Reserved.